スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高知県医師会看護専門学校」という学校

今日は高知県医師会看護専門学校で、学内インターンシップ報告会があるということでお邪魔してきました。

この学校では3年前から病院や介護施設での職業体験ではなく、一般企業でのインターンシップを実施しています。最初は「みんな看護師になるのに、どうして企業で体験するの?」という疑問の声がたくさんあがってきたみたいです。しかしある教員の方が「看護師になるからこそ、知識や技術を身につけるだけでなく、患者様の心に寄り添える人間力を高めないといけない!」と声を荒げたそうです。

「そのためには、あなた達生徒一人ひとりが好きとか嫌いとか、興味があるとかないとかで物事を判断するのではなく、与えられたこと・覚悟したことに一生懸命になれるか、全身全霊で向き合うことができるかどうかの体験をしないといけません。」「患者様やご家族を本気で愛せる看護師になりましょう。」と伝えたそうです。

私はその話を聞いた時に、心からその通りだ!と思いました。
実はその教員の方の「志」に共感して、今では高知県下の40数社が高知県医師会看護専門学校の生徒を受け入れています。『志は伝染する』という言葉があります。人は損得勘定で動くのではなく、純粋な想いに共鳴して一歩を踏み出そうとします。生徒達に少しでも教員の方々の想いや志が届けばと願っています。

さてさて、それでは報告会の模様をお伝えします

まず場所は当社から車で約30分の高知市瀬戸の山の中にあります。
ところ所に案内版があり、細くなっていく道を上へ上へと登っていきます。
DSC02079_convert_20120910172909.jpg

空からと校門からの建物は、こんな感じです。
sy_62_1.jpg
sy_62_2.jpg

そして中に入ってみると、エントランスは吹き抜けになっており、正面の階段を上がったとこには『天使の像』があり、手を広げて微笑みかけてくれています。人生とは、苦労や困難を乗り越えたその先に『幸せ』があると語りかけてくれているような感じがしました。
DSC02077_convert_20120910173001.jpg

私が会場に到着した時には、すでに報告会が始まっており、後ろのほうにいましたが真剣さがヒシヒシと伝わってきました。発表は全体を15グループにわけて、1グループ15分間の持ち時間でプレゼンをしていました。ちょうどこの時は『高知パレスホテル』さんで体験をした生徒の発表で、客室の清掃やレストランでの接客体験を画像を使いながらまとめていました。なんと高知パレスホテルさんのご厚意で、フランス料理「ラ・プランセス」、地産地消レストラン「EZ」の手作りお弁当を特別につくってくれて、生徒たちに振る舞ってくれたようです。少しでも料理人や生産者の想いを実際に食べることによって感じてもらいたかったそうです。素晴らしいですね。
DSC02068_convert_20120910173256.jpg

そして今日の最大の目的である、当社でインターンシップをしてくれた【坂東さん、齋藤さん、村井さん】の発表を聞きました。
DSC02072_convert_20120910173217.jpg
DSC02073_convert_20120910173130.jpg

3人には「接客・おもてなし」の表面的なことを体験してもらうのではなく『自分と真剣に向き合い、仲間ととことん向き合う』ことをテーマに3日間を過ごしてもらいました。彼女たちには「患者様が悲しい時、辛い時に一緒に涙を流すことができるように、悩んだり戸惑っている時には強く生きることを伝えることができるようになってほしい。そして涙を流している時も誰かを抱きしめている時も、医師からの指示を完璧に実行できる看護師になってほしい。」と伝えました。人間力と専門力の両方を兼ね備えた『天使』になってくれることを祈っています。

齋藤さん、村井さん、坂東さんの活躍を心より祈っております。
DSC02074_convert_20120910173053.jpg

これからも高知県医師会看護学校の生徒をこの会社が存続する限り受け入れていきます。高知県で生きるすべての人々から幸せが溢れでる社会を創るために、私たちも尽力していきます。



プロフィール

manatomo

Author:manatomo
インターンシップ情報サイト「まなともネット」のスタッフブログです。
インターンシップや職場体験の情報から、スタッフのこぼれ話まで、ホームページで公開しきれなかった情報を更新していきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。